コンパクトカーってどんなの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - コンパクトカーってどんなの?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
コンパクトカーってどんなの?中古コンパクトカーを語る

比較
コンパクトカーとはこれだ!という明確な決まりはないそうですが、日本で言えば一般的に普通車で全長が約4,200mm程度までで、
全幅が約1,700mm程度までの5ナンバーのサイズで形としてはハッチバックやトールワゴンなど2BOXタイプの車体が主となっているようです。

エンジン排気量は1000cc~1500ccクラスの直列4気筒のタイプが多いですが、
一部グレードや姉妹車のなかには1500ccを超えたものや、車種によってはv型6気筒3500ccもの大排気量エンジンを搭載しているクルマもあるそうです。

アメリカにおけるコンパクトカーは、欧州で言うCセグメントクラスに相当するクルマです。
全長は4200mmから4700mmのもので、エンジンの多くが4気筒エンジンを搭載している車が多く、
排気量はだいたい1500cc~2500cc程度とされています。
全長は4200mm以下はサブコンパクトカーに分類されています。

ヨーロッパではAセグメントからBセグメントのハッチバックが日本で言うコンパクトカーと呼ばれるものになります。
ヨーロッパ諸国ではこのタイプが主流のクラスとなっているようです。