子供が居てもコンパクト中古車なら楽チン

“小さい子供が居る家庭で、愛用している車に必ず付いているチャイルドシート。子供を守るためとはいえ、思った以上に場所を取っているとは思いませんか?我が家にも小さな子供が居るのでチャイルドシートを付けているのですが、出産後に購入したコンパクト中古車がとても楽チンで助かっています。

例えば買い物に行ったとなど、ベビーカーの積み下ろしをするのもラクですしかさ張るオムツなどを買った時にも車の中がパンパンになることなく乗せれるので窮屈さを感じながら運転する事もありません。

また、場所によっては駐車場の線の幅が狭い場所があるのですがそんな時にもコンパクト車だと子供の乗り下ろしがしやすいです。田舎道でもスイスイ走れる我が家のコンパクト中古車は、子供が泣いた時など細い近道を走る事も出来るので泣かしっぱなしの時間が減り私的にも気がラクです。

コンパクト中古車を購入して、私は扱いにくいなと感じた事が無いので同じように小さな子供が居るママさん達にお勧めしたい車です!”

扱いやすいコンパクト中古車

“皆さんは、コンパクト車を運転した事はありますか?私はずっと、軽自動車に乗っていたのですがもう少し広い車に乗りたいと思い先日、コンパクト中古車を購入し乗り換えました。

ずっと軽自動車に乗っていると、小回りが利きますし少々細い道でも通る事が出来る便利さとその小ささに慣れてしまっていて、大きい車に乗るのはちょっと怖かったのです。ですが、コンパクト車なら幅などそんなに大きな違いが無いのに、車の中は広いので軽自動車の大きさに慣れている私でもとても乗りやすかったです。
<br><br>
扱いにくい車だと、残念だけど諦めようかと思っていましたが、細い道で対向車とすれ違ったりする時にも問題はなかったですし運転もしやすかったです!初めは、新車を購入しようかと思ったのですが値段が私の予想以上だった事ともしも満足しなかった場合の事を考えてコンパクト中古車を購入する事にしました。

中古と言っても、年式も新しいですし走行距離も少なかったのでとてもいい買い物ができたなと満足しています。”

軽からコンパクト中古車に変えました

免許を取得した時から今まで、ずっと軽自動車に乗っていたのですが子供が生まれ軽自動車では少し乗りにくくなってしまったので、コンパクト中古車に乗り換える事にしました。

チャイルドシートが思ったよりも場所を取ってしまい後部座席に誰も乗れなくなってしまったのがコンパクト中古車に乗り換えようかなと思ったきっかけでした。

子供が一人の時は、チャイルドシートを後部座席で寝かして使っても助手席に旦那が座れば良かったので問題はなかったのですが、二人目の子が生まれると後部座席にチャイルドシートを寝かして使用すると席の半分以上を占領されてしまい横に上の子のチャイルドシートを乗せる事が出来なくなってしまい、仕方なく助手席に乗せて使用していたのですが、そうすると旦那が乗る場所が無くなってしまいました。

家の前の道が細いので軽自動車が楽だったのですが乗りきれないと意味がないので、内装は広いけど大きさはあまり変わらないコンパクト中古車なら細い道も通れますし人も乗れるので私の使用方法にピッタリ合うと思い購入を決断しました。

梅雨時に必要なメンテナンスとは

梅雨の時期は湿度が高く、クルマにとっては厳しい環境と言えるでしょう。
そこであなたの大事なコンパクトカーを守るため誰にでもできる簡単なメンテナンスをしてみるのはいかがでしょう。
使いやすいケミカルを使えば簡単に作業することができます。

まずはコンパクトカーのエンジンルームのメンテナンスです。梅雨時期いたみやすいゴムや樹脂部品を見てみましょう。
中でもラジエターホースや燃料系のパイプを確認して下さい。早ければ8年ほどでひび割れを起こす場合があります。
ラジエターホースの破損はオーバーヒートにも繋がりますし、燃料系のパイプ破損は最悪の場合火災になるので危険です。

目視だけで確認するのではなく、パイプ類を動かしてヒビなどの問題が無いかを確認しましょう。
問題なければラバープロテクタントを吹き付けておくと良いでしょう。ゴム類に浸透すれば本来の弾力をキープしてくれます。

また表面に薬剤がコート層を作ってくれるため劣化の防止にもなります。
新しいコンパクトカーなら良い状態のコンディションが長く保てもす。

コンパクトカーってどんなの?

コンパクトカーとはこれだ!という明確な決まりはないそうですが、日本で言えば一般的に普通車で全長が約4,200mm程度までで、
全幅が約1,700mm程度までの5ナンバーのサイズで形としてはハッチバックやトールワゴンなど2BOXタイプの車体が主となっているようです。

エンジン排気量は1000cc~1500ccクラスの直列4気筒のタイプが多いですが、
一部グレードや姉妹車のなかには1500ccを超えたものや、車種によってはv型6気筒3500ccもの大排気量エンジンを搭載しているクルマもあるそうです。

アメリカにおけるコンパクトカーは、欧州で言うCセグメントクラスに相当するクルマです。
全長は4200mmから4700mmのもので、エンジンの多くが4気筒エンジンを搭載している車が多く、
排気量はだいたい1500cc~2500cc程度とされています。
全長は4200mm以下はサブコンパクトカーに分類されています。

ヨーロッパではAセグメントからBセグメントのハッチバックが日本で言うコンパクトカーと呼ばれるものになります。
ヨーロッパ諸国ではこのタイプが主流のクラスとなっているようです。

女性に嬉しいコンパクトカー

一言にクルマを買うといっても女性と男性とでは、クルマ選びに違いがあるようです。
男性は性能や機能性を重視して選ぶ方が多いですが、女性の場合はクルマのデザイン性やクルマの色など見た目重視の方が多いようです。

クルマの使い道から見ても男性は海や、山へ、ドライブやキャンプなどアウトドアで使用するため超、長距離に適したクルマを選んだりしますが、
女性は近所に買い物や通勤や子供の送り迎えなど、比較的短距離での使用となる場合が多いようです。

なので見た目の印象や車内の印象などで決める人が多いのかと思います。
このためコンパクトカーや軽自動車を選ぶ女性がほとんどではないかと思います。

コンパクトカーや軽自動車は女性の感性をくすぐる要素が万歳で、カラーバリエーションも豊富で荷物がたくさん積めて、
なおかつ小回りが利いて運転がしやすいコンパクトカーや軽自動車に人気が集まるのだと思います。

また、小さい子供のいる人にとって、車内が狭い車では日常生活に不便を感じるため、
チャイルドシートを乗せても空間に余裕のあるコンパクトカーが好まれる傾向があります。

車購入の値引き術とは

あなたが欲しいコンパクトカーが決まっている場合でも、同じクラスの別のメーカーのコンパクトカーの見積もりをしてもらいましょう。
そうすることでいかにも2台で悩んでいるように見え、ライバル車を設定できることで価格競争をしてもらうのです。

そうすることで営業マンは負けまいと価格設定を考慮してくれるはずです。
あなたが狙っているクルマと、同じようなボディタイプ・価格帯のクルマを選びましょう。
この方法で同じメーカーの姉妹車などでも使うことが可能です。

実際に購入する気が無いのに他のコンパクトカーの見積もりをお店に行って頼みにくいという人は、
インターネットで新車の見積もりをしてくれるサイトもあるので利用してみて下さい。
返事はEメールでもらえるので、電話連絡や営業マンが家に訪問してくる心配はありませんので安心して利用してみて下さい。

私の知人にもこの方法で安くコンパクトカーを手に入れた人がいます。
ちなみに見積もりは無料ですので、ものは試しでやってみて下さい。

初心者でも失敗しないコンパクトカー選び

コンパクトカーというとボディサイズは軽自動車を一回り大きくした大きさで、
排気量は1000cc~1500ccまでのクルマが多くボンネットが短いのが特徴です。
3ドアや5ドアのハッチバックが多くて車体の長さが4m位までで、車の幅は1.7mまでになるのです。

コンパクトな形をしているため小回りがしやすく、軽自動車の倍くらいの排気量があるため長距離も軽自動車よりは走行しやすいようです。
初心者の方が初めてクルマを買われる時に一番人気のあるタイプのクルマです。

新車の価格なら、諸費用込の金額でも150万くらいで十分なクルマをかうことが可能なようですよ。
運転もしやすい設計になっているので安心です。またデザインも豊富でカラーも豊富なため選択肢が多いのも魅力の一つだと思います。

初心者で初めてのクルマで気持ちもウキウキしますが、安全運転を心掛けて下さい。
また安全のためにもシートベルトは必ず着用して下さい。同乗者がいる場合、その方にも必ずシートベルトの着用を勧めて下さい。
大切な命を守るためです。

3ナンバーのコンパクトカーも登場

コンパクトカーなのに3ナンバーとはどういうことかというと、車の幅が広いものが増えてきたということで、
ますます快適なドライブが楽しめるようになってきているということです。
排気量が2000cc以下のものでも、車幅の問題で3ナンバーのコンパクトカーが増えてきているようです。

3ナンバーですが税金は排気量で計算されるので、5ナンバーでも3ナンバーでも排気量が一緒であれば自動車税は変わらないのです。

コンパクトカーにも色々な種類の車が増えてきています。私たちの選択肢が増えているという事で嬉しいところです。
コンパクトカーなのに大きくなっているのは違和感を感じる部分かもしれませんが、
車内のスペースの広さを求めるユーザーが増えてきたということかもしれません。

コンパクトカーはターゲット層別に作られているため極端に不人気のものはありませんが、
コンパクトカーの中でもあまり燃費が良くないものは人気が無くなってきているようです。
不人気の車は値引き率が良い為手に入れやすいけど、不人気であるための欠点もしっておくとよいでしょう。

ファミリーに最適かも?コンパクトカー

今コンパクトカーといえど、3列シートを採用していて多くの人が乗れるようになっていて、
車内もゆったりしたものが出てきています。
チャイルドシートを乗せてもそのゆったり感は変わらず、快適な車ライフを送ることができるでしょう。

コンパクトカーは燃費も良くエコカーとしても優れています。
価格も意外と手頃な車ですので、出費の多いお子様がいる家庭でも手が出しやすい車となっています。
お子様が小さいならスライドドアのコンパクトカーも出ています。
チャイルドシートは思った以上に場所をとるため、子供が増えてくると車内がドンドン窮屈に思えてきます。

そして買物も家族が増えるたびの量が増えていくと思います。車に荷物が積めなくては困ったことになります。
そのためにもファミリーカーとして使うなら荷物がたくさん積めて車内が広々としたコンパクトカーを選ぶと良いと思います。

アウトドアの好きな家族にもコンパクトカーは最適です。
アウトドアを通して家族の絆が深まり楽しい思い出もドンドン増えていきますよ。